プリマヴェーラ神楽坂のヘッドスパが人気の理由

ヘッドスパが評判のプリマヴェーラ神楽坂です。

当店でたくさんのお客様からの支持を得ているヘッドスパ。なぜ人気なのかを僭越ながら紹介したいと思います。

 

ヘッドスパメニューの導入は約9年前から

当店がヘッドスパをメニューに導入したのは約9年前です。ちょうど店舗のリニューアルと合わせて、ヘッドスパメニューを本格的に導入しました。

それまでも「スキャルプシャンプー」というような名称でヘッドスパに似たようなメニューを展開していましたが、これは主に「頭皮の汚れをきれいにすること」を前提に考えられていたメニューでした。

サロンのリニューアルによってシャンプー設備が大幅に変わったことから、よりお客様にご満足いただけるヘッドスパを提供できる環境が整ったことから、ヘッドスパの技術と知識、そしてメニューを充実させ現在の「プリマヴェーラ神楽坂のヘッドスパ」が誕生しました。

 

プリマヴェーラ神楽坂のヘッドスパの3つのこだわり

1、豊富なヘッドスパメニュー

当店はヘッドスパメニューに力を入れています。といっても実際のメニューが「15分コース」とか「30分コース」のように時間だけ変えたスパメニューだけでは力を入れているとは言えませんよね?(当サロンの個人的な見解です)

そこでプリマヴェーラでは施術工程と使用する商材を変えて、数種類のヘッドスパメニューを取り揃えています。

ベーシックタイプのヘッドスパが2種類、リフトアップマッサージを含んだヘッドスパが2種類、スキャプルケアに特化したヘッドスパは2種類、季節限定のヘッドスパが2種類、計8種類のヘッドスパがあり、常に6種類以上のメニュー展開をしています。

お客様のご要望やお悩みなどから最適なヘッドスパを提案できるようにしています。また日々技術開発にも取り組んでおり、新たなヘッドスパメニューの導入も考えています。

 

2、自慢のヘッドスパ(シャンプー)ルーム

せっかく気持ちのいいヘッドスパをやってもらうのに、

  • 明るくてなんだか落ち着かない
  • 店内のBGMや話し声が聞こえる
  • 頭は気持ちいいのに長時間寝ていると首が痛い
  • 寝てしまっていびきをかいてしまったら他の人に聞かれてしまって恥ずかしい

なんて感じたことはありませんか??

プリマヴェーラ神楽坂のヘッドスパやシャンプーは、専用の「シャンプールーム」で行います。そこは施術フロアとは隔離された特別な空間。上記のようなお客様の不満を解消できるようにしました。

Shampoo Room
  • 照明はできる限り抑えめにしてあります。
  • BGMも「シャンプールーム専用」。「ヒーリングミュージック」と「水が流れる音」が立体的に聞こえます。
  • シャンプー台はフルフラットになる通称「夢シャン」を採用。後頭部を支えるクッションも付いていて、長時間寝ていても首が痛くなることが比較的少ないです。(個人差がありますので万が一痛い場合はお声掛けください。)
  • フロアとは隔絶した空間なのでいびきをかいてしまっても大丈夫!隣のお客様も(おそらく)夢の中なので、聞こえるのは施術しているスタッフのみです。

このシャンプールームでヘッドスパを施術することにより、「癒し効果」が格段にアップします!

 

3、施術している回数が違う。だから技も熟練している。

いくらヘッドスパメニューがあっても、それを施術していただけるお客様が少なくければ腕は鈍ってしまいます。プリマヴェーラ神楽坂のヘッドスパの施術頻度は約5人に1人!(当サロン調べ:当店にご来店の全てのお客様人数の中からヘッドスパ施術の人数で算出)

スタッフ全員がヘッドスパを常に施術できる環境、それがまさにスタッフそれぞれの熟練度が上がり続け、お客様を満足させる技術レベルを維持できる要因でもあります。

またそれを支えているのが、お客様のリピート率。一度ヘッドスパを施術されたお客様が、次回も、また次回もと施術していただけることが、プリマヴェーラ神楽坂の強みでもあります。

中には小学生のお客様でヘッドスパをされる方もいらっしゃいます(笑)。

冬季限定・冬のスチームスパ

 

ぜひ一度体感してみてください

年齢問わず、性別問わず、プリマヴェーラ神楽坂にご来店されたのであれば一度はオーダーいただきたいヘッドスパ。スタッフの卓越したマッサージテクニックを、この「癒し」にとことんこだわった夢のような空間で受けられるヘッドスパはなかなかないと思います。ぜひ一度ご体感いただければと思います。

 

この記事を書いた人

プリマヴェーラ 神楽坂
プリマヴェーラ 神楽坂
神楽坂にある美容室、プリマヴェーラ神楽坂です。
落ち着いた空間とヘッドスパが自慢のサロンにぜひご来店下さい。
新メニュー「髪質改善トリートメント」始まりました!