またまた着付けのお客様がご来店!今回も着付レポートです。

ヘッドスパと髪質改善トリートメントが評判のプリマヴェーラ神楽坂です。

近頃、着付けでのご予約が増えてまいりました。先日もこちらのブログを見てご予約いただいたというお客様もいらっしゃり、ご紹介させていただいたおかげかと掲載を許可してくださったお客様にも感謝しております。

プリマヴェーラ神楽坂では着付けのご予約も承っています

プリマヴェーラでは、七五三や成人式、式の参列など様々な行事に対応した着付けメニューがあります。

手前味噌ですが、当店オーナーの山下は「全日本美容講師会・師範」「厚生労働省・一級着付け技能士」というライセンスを取得している、いわば着付けのスペシャリストです。

長い時間でも着崩れない、美しい着付けを提供できるよう、日々研鑽を積んでいます。

今回のお客様は

親戚の結婚式・披露宴にご列席のお客様です。

『洋服でとも思ったのですが、この歳になると着物のほうが絶対に素敵だと思い、訪問着を着ることにしました。』

とのこと。

金糸の帯締めと金銀の扇子で、お祝いの席の装いが完成です。

では仕上がりです。

きちんと仕立てられお着物なので寸法もぴったり。淡紅藤の上品なお色がとてもお似合いでした。

着付:山下 礼子

事前にお着物のチェック

プリマヴェーラ神楽坂では、お着付けの前日までにお着物をお預かりしています。

その理由は…

  • 保管の時にどうしても付いてしまう折りジワを本番前にスチームで綺麗に伸ばしておきます。
  • お着物は小物が多いのでうっかり忘れてしまいがち。足りないものがあればご連絡し、当日にお持ちいただきます。
  • 長襦袢の半襟はつけてきていただくのが普通ですが、万が一付いていなかったら、その場でつけるととても時間がかかり、時間通りに仕上がらなくなってしまいます。
  • 伊達襟をつける場合には、お着物と帯などからどの色を選ぶかを考えて、事前につけておきます。
  • 帯の長さと柄の位置から結び方を考えておきます。

当日にシワだ!忘れ物だ!とバタバタして、せっかくのイベントのスタートを台無しにすることのないようにと、お手数ではありますが、お着物を事前にお預かりすることで、ベストな状態でお召しいただくようにしています。

また、髪飾りやヘアスタイルのご相談もこの時にさせていただきます。

七五三、十三詣り、成人式、結婚披露宴、お茶会、卒業式、謝恩会(袴)、喪服、浴衣などをお召しの際は、プリマヴェーラ神楽坂に是非ご相談ください。

この記事を書いた人

プリマヴェーラ 神楽坂
プリマヴェーラ 神楽坂
神楽坂にある美容室、プリマヴェーラ神楽坂です。
落ち着いた空間とヘッドスパが自慢のサロンにぜひご来店下さい。
新メニュー「髪質改善トリートメント」始まりました!