結婚式にご参列の方へのお着付け・プリマヴェーラ神楽坂では着付けの予約も承っております

ヘッドスパが髪質改善トリートメントが評判のプリマヴェーラ神楽坂です。

今回は素敵な着付けのお客様がいらっしゃいましたのでレポートいたします。

 

プリマヴェーラ神楽坂では着付けのご予約も承っています

プリマヴェーラでは、七五三や成人式、式の参列など様々な行事に対応した着付けメニューがあります。

手前味噌ですが、当店オーナーの山下は「全日本美容講師会・師範」「厚生労働省・一級着付け技能士」というライセンスを取得している、いわば着付けのスペシャリストです。

長い時間でも着崩れない、美しい着付けを提供するよう、日々研鑽を積んでいます。

 

今回のお客様は

着付けの流れは、前日までに着物をお持ちいただき、不足しているものがないかを確認、当日は身一つでご来店いただくようにしています。

また、イベントのお時間に合わせると通常の営業時間開始後だと間に合わないことも多いので、営業時間外の早朝対応も承っています(要早朝料金)。

今回のお客様は、ご家族(お兄様)の結婚式と披露宴に列席するために、未婚の第一礼装である振袖を選ばれたそうです。

完成した写真はこちらです。

*お顔出しがNGでしたので、顔から下の着付け部分だけでご了承ください。

 

以下、着付け担当の山下からポイントを聞いてきました。

 

【着物】

着物は、金糸の刺繍が施された、重厚感ある最高級品。腰紐をしっかりと締めることで、着崩れを防止しました。

【帯】

帯は、全体に豪華な刺繍で羽を折ることも難しい最高級品。両手の羽に
たれ先で作った羽を1枚重ねて華やかさを出しました。

【帯結び】

椅子に座る時間が長いため、もたれても崩れない帯結び考案。「飾り太鼓風」ですが、羽を増やして華やかさを演出しました。お太鼓部分はふっくらと膨らみを出して若々しく仕上げました。

【帯揚げ】

着物も帯も豪華なので、帯揚げはシンプルに「いりく」にしました。

【その他】

格の高いお着物でしたので、「襟ぬき」もしっかりととりました。

着付け担当:山下 礼子

ヘア担当:八木 美香

 

パーソナルな着付けをモットーに

着物や着る方の年齢や体型、雰囲気などその方に合わせた着付けを心がけています。

なかなか着る機会のない着物だからこそ、その瞬間を大切にしたい。

着付けに関しては、ぜひプリマヴェーラ神楽坂にご相談ください。

 

この記事を書いた人

プリマヴェーラ 神楽坂
プリマヴェーラ 神楽坂
神楽坂にある美容室、プリマヴェーラ神楽坂です。
落ち着いた空間とヘッドスパが自慢のサロンにぜひご来店下さい。
新メニュー「髪質改善トリートメント」始まりました!